2017年02月09日

全く知らなかった星野源さんの今ではすっかり大ファンです

何年か前に本屋さんで気になり手にした本があります。
それは、2013年1月発行マガジンハウスの星野源さんが書いた「働く男」という本でまだ現在のような活躍を去れていんかった頃でした。
私も星野源さんは知りませんでしたが、とても楽しい本で歌の一曲も聞いていないのにファンになってしまったのです。

本の中身は、とても濃くて幼少期から現在までの暮らしや趣味、遊んだことなどが書かれてありましたが、とにかく才能の豊かさに感心しました。
その本は、今も大切に本棚にありますが、それを知った友人や身内から見せてほしいと最近言われお貸ししています。
やはり、源さんの人気はすごいなぁと実感しています。

源さんが出演している作品で一番好きなのは、NHKのLIFEです。
あの番組の中のドラえもんをパロディにした「重えもん」というコーナーがありそれを星野源さんが演じているのですが、blackな重えもんをコミカルかつダークに演じていてそれがはまっていて大笑いしてみています。

今後も多いに活躍して頂きたいです。  


Posted by しいな at 03:44Comments(0)

2017年02月02日

ど素人の鼻歌がプロ並み、路上R&B

現在アメリカでアパートに住んでいます。アパートの前には短い通りがあり、その通り沿いにさらにアパートが建っており
いわば通りがコの字型のように高いビルに囲まれておりエコーしやすいのです。ここ数週間、金曜日の夜10時ごろの静かな通りに
いつも同じ黒人男性ががっつり系のバラードを歌うのです。鼻歌ならば響きませんが音量が半端なじゃい上にエコーもうまくかかり
かなりの大音量で窓を閉めていても聞こえます。下手ならば窓でも開けてうるさいよ!と冗談交じりに言えそうですが、
かなり上手なので一瞬聞き入るのです。が、そこは夜遅いこともあり我に返っていつも本人の常識を疑ってしまいます。
おそらく自分の歌を聴かせたい、そしてかなりエコーが響くアパートの谷で思い切り歌ってスッキリしたいのだと思いますが。。
こちらで住んでいるとふとした鼻歌を聞くだけでもちょっとした歌手並みのことが多く、よく驚くこともありますが、この夜更けの男性シンガーは
秀逸です。また今週も来ることでしょう、子供がせっかく寝てるのに起きてしまわないか心配する週末が続きそうです。  


Posted by しいな at 04:19Comments(0)

2017年01月28日

新しい場所での生活の始まり

勤めた会社を退職し、彼が生活している香港へやってきた。香港は何度か旅行で訪れたことがある。しかし今回は長期の滞在なので、宿泊地や帰りのチケットなどのことを入国時に聞かれるのではないかと少し緊張もあり、準備はしていたが3、4日の滞在となんら変わりなくすんなりと入国が完了した。
生活は日本と変わりのない水準。野菜は日本よりも安い印象で、交通費も安くバスの数がとにかく多い。
香港は広東語と英語が公用語であるため、英語ができればなんとか生活はできる。しかし、国土が狭く人が多い分建物は高さを積み上げていく。香港の空は狭い。日本の田舎で育った私にはは少し窮屈だ。
そしてなんと言っても驚きは家賃の高さ。日本の数倍は高く、それほど整った内装ではない。水が漏れだす洗濯機に、他人にそれほど関わろうとしない香港の人。これが海外で生活するということだ。
  


Posted by しいな at 07:33Comments(0)

2017年01月24日

可愛いいワンちゃんに癒されてきました。

犬に癒されたくて今日ペットショップに行って来た。
犬派の私達夫婦は、脇目もふらずに犬が沢山いる所まで歩いて行った。
生後何ヵ月と書いた紙が貼ってある子犬達が、お昼寝をしていたり、餌を食べたり、人が通るとアピールしているのか窓に頬を当てる子犬もいた。
本当に可愛らしく、こちらまで自然と笑顔になっていた。
ふと端の方を見ると一匹だけ違うゲージに入ってる犬がいた。子犬ではないようだった。値段を見ると1万円と書いてあった。
1万円?初めは値段を間違えて書いたのかとも思ったがそうではないようだった。
あまり元気がない。かなりお年を召してる犬のように感じた。何故ここにいるのか分からなかったが、確かに売られていた。
何だか可哀想になったが、家はアパートなので飼ってあげる事が出来ない。
私達が老犬の近くを離れられないでいると、後ろからお金持ちそうなお婆さんがやって来た。
店員さんと何か話した後、老犬のゲージに「新しい家族が見つかりました」の貼り紙が貼られた。
お婆さんと店員さんの会話は聞こえなかったが、きっとお婆さんが老犬を家族にしてくれたんだと思い嬉しかった。  


Posted by しいな at 22:26Comments(0)

2017年01月21日

やっぱり面白い

以前TBS系列でしていた「関口宏の東京フレンドパーク」が特別番組として放送されていました。1月から始まる3つの新しいドラマの出演者がそれぞれ4人ずつ番組に出演されていました。関口宏さんと渡辺正行さん、ホンジャマカの恵さんと石塚さんの4名が司会でドラマの出演者さんたちが一生懸命クイズやアトラクションに挑戦して競い合っていました。私が若いころは毎週レギュラー番組として放送されていましたが、いつの間にか番組は終了していました。それが復活放送されていたので2時間見ていました。
普段はバラエティー番組に出演されないような俳優さんと女優さんばかりで意外な姿に2時間ずっと楽しませてもらいました。やっぱり見ていてとても面白い番組なので特別番組ではなく、ぜひレギュラー番組として本格的に復活してほしいなと思いました。


婚活 地獄  


Posted by しいな at 12:17Comments(0)

2017年01月17日

懐かしのスカイライン。

スカイライン。
一番初めに乗ったのがデビュー作のハコスカでした。
四角い箱型のスカイライン。
その当時は暴走族に人気があり、微妙にハンドルが大きい。
色は濃紺。
私はスカイラインは紺色が好きです。
その当時人気があったのはシルバーとか白。
当時お金がなかったので中古で18万でした。
今乗って見たいと思うのは、未来カー。
寝てても勝手に操縦してくれる。
なんて楽でしょうね。
次に乗り換えるのは新型プリウスの予定だけど、内装は良いがあまりにも外観がカッコ悪い。
内装は、車に実際に乗る人の気持に寄り添った配慮があり、
乗り心地を重視した形に仕上がっていると思う。
シルバーホワイトは高級感あって色は良いけど、まるでパトカーだ。と思うのは私だけでしょうか?
しかし、ハイブリッドはやはり燃費が良い。減らない減らない。
プリウスに乗り換えて3台目。
ハイブリッド車の中古はバッテリーの劣化により、思うように性能が発揮出来ないこともあるらしいからやっぱり買い替えるのは新車じゃなくては。
次のボーナスまで待つかな。  


Posted by しいな at 06:46Comments(0)

2017年01月15日

目標は節約です。

今パートの仕事をしています。週3回です。以前は週5回で行っていましたが、転職しました。今の職場は楽しいですが、稼ぎは減りました。だから、ちょっと節約します。
出るものが少なくなれば収入が減っても大丈夫です。今はがぞりん代がかからない、自転車でいける職場なのでそれだけで6000円節約になっています。
ほかにも昼ごはん代がかかりません。
しかし、それだけでは不十分なので、買い物を週3回にします。普段はつい買い物行ってました。なぜなら職場の休憩に近くのスーパーにいたからです。
ストレスで衝動買いもしました。だから、今からはじめるのは買い物に行くことを減らすことです。子供の習い事も安い月謝に変えて30000円ダウンさせます。
内職にポスティングをしようと思います。空いている時間があるので、体の健康のためにも、仕事しながら運動できます。
さぁ、ディズニーランドのためにがんばります。  


Posted by しいな at 15:24Comments(0)

2017年01月09日

日本ドラマと韓国ドラマの違い

私はドラマが大好きです。好きなジャンルはラブコメ、社会派などです。
日本ドラマでも韓国ドラマでも変わりません。
感情移入できるものが好きみたいです。

ところで、日本ドラマと韓国ドラマの違いをご存知ですか?
我が国のドラマは話数が大体12話くらいで終わるのに対し、韓国ドラマは特に話数が決まっていない為
ぴったり50話で完結するものもあれば100何話までダラダラと続くものもあります。
これは何故なのか全く理由が分かりません。多分予定ではもう少し早く終わるはずだったのに、
俳優が不祥事を起こしたり脚本家が途中降板したりして話の流れが大幅に変わってしまうからでは
ないかと思います。実際にそういうことがありました。

日本では全く考えられないことです。勿論話数も最初からきっちり決められていてそのつもりで
皆さん撮影しているはずです。あと、韓国のドラマは視聴者の文句によって展開が変わるそうです。
日本のドラマのホームページにも感想を送るフォームがありますが、それを読んでみると
大体「面白かったです」とか「次回が楽しみです」とか「〇〇さんがかっこいいです」その程度だと思いますが、
韓国人は「面白くないから変えてくれ」みたいな感じで意見するそうです。
それで展開が大きく変わってしまうそうです。視聴者が脚本家みたいなもので、彼らの手でドラマを作っているのです。

そんなに変わってしまうとどうなるのかな、と私自身思います。
話数が長いのも途中で飽きてしまうのでは?と心配ですね。
多分NHKの大河ドラマ並に話数が多いのでしょう。
韓国人は1年間に大河ドラマをしょっちゅう見ていることになりますね。
でも面白いので良いです。  


Posted by しいな at 14:58Comments(0)